自動車 下取り 相場

自動車の下取り相場よりも確実に高く売るための方法を大公開!!

 

 

ボーラ(フォルクスワーゲン)とは、
ドイツの「フォルクスワーゲン」が過去に販売していた自動車です。
1998年に、「ヴェント」の後継車種として誕生し、

 

 

・4ドアセダン
・5ドアステーションワゴン

 

 

の2種類設定されました。
プラットフォームは「Aプラットフォーム」と呼び、
4代目ゴルフと共有していました。

 

 

 

また、「ボーラ」という名称は、アジア地域と欧州での車名になり、
北米では「ジェッタ」と呼ばれていました。
そのため、ステーションワゴン仕様は、北米では「ジェットワゴン」と呼ばれていました。
ちなみに、欧州では「ボーラ・ヴァリアント」として、2001年に販売されています。

 

 

欧州仕様は、基本的にボディの外寸などはゴルフ・ヴァリアントに準ずるものがあり、
多くのパーツを共有していました。
しかし、日本では導入されていません。

 

 

 

エクステリアは、
・3代目ジェッタよりも全長5mm長い
・日本では3ナンバーサイズ
・ボーラの外板は専用のものを使用
・サイドデザインはCピラー
・ベースはゴルフIVよりもエレガント

 

 

などの特徴があります。

 

 

インテリアは、高品質のゴルフIVをベースに、
さらに高級感を増した仕上がりになっています。

 

車の購入と免税について。
免税制度は、エコカーなど環境に対応した車を購入する場合、
役に立つ制度です。
環境に対応した車は、エコカー以外にも
電気自動車やハイブリッドカーなどが含まれます。
2009年の優遇制度の施行で、これらの車が一部免税されるようになりました。

 

 

 

そもそも車には、いくつかの税金がかかります。
1つは、「自動車取得税」
2つは、「自動車重量税」
3つは、「自動車税」
4つは、「軽自動車税」

 

 

自動車取得税とは、取得価格が50万円を超えた場合に課される税金になります。
2009年4月に目的税から普通税に改正され、
また2014年4月1日からの増税に伴い、引き上げも検討されています。
自動車重量税は、車の区分・重量に応じて課される税金です。
重量0.5tごとに課税されます。
自動車税は、道路運送車両法第4条の規定に登録された車を対象にした税金です。
軽自動車税は、軽自動車に課される税金です。

 

 

 

このように、車にはさまざまな税金がかかります。
しかし免税制度を利用すると、重量税と取得税が0円になります。
自動車税と消費税はかかりますが、税額がマイナスになるのは嬉しいですよね。

 

 

ただし免税制度が対象になる期間は決まっていますから、
この期間を逃さないためにも、事前に調べておきましょう。

 

車を高く売却する

 

 

自動車損害賠償責任保険とは、《自賠責保険》のことです。

 

 

自動車または原付バイクを使用する場合に、運転者が必ず加入しなければいけない損害保険になります。
加入は必須であるため、俗に“強制保険”とも呼ばれています。

 

 

もし、自賠責保険を加入せずに走行した場合、
●1年以下の懲役
●50万円以下の罰金の場合も
●免許停止処分(違反点数6点)

 

 

を受けることになります。

 

 

 

さらに、運転中に他人にケガをさせてしまった場合や、
死亡させてしまった場合など、自賠責保険に加入していることで、補償してもらえます。
補償範囲は、以下の通りになります。

 

 

傷害による損害は、治療関係費や文書料、休業損害、慰謝料などが最高120万円。
後遺障害による損害は、逸失利益や慰謝料など、常時介護の場合は最高4000万円が、随時介護の場合は最高3000万円が限度額になります。
また、後遺症の程度で、第1級:最高3000万円〜第14級:最高75万円に。

 

 

死亡による損害は、葬儀費や逸失利益、慰謝料など最高3000万円が支払額になります。
死亡するまでの傷害による損害の場合も、損害範囲は「傷害による損害」と同じになり、
最高支払限度額は120万円になります。

 

 

事故車の買取額をご存知ですか?
そもそも、事故車って買い取ってもらえるのでしょうか?

 

 

その答えは、イエスです。

 

 

 

どんなに事故車でも、水没車でも、使えるパーツがあれば買い取りは可能になります。
今まで、事故車だからといって廃車にしていた方は、
今後はまず買取専門店に相談することをオススメします。
もちろん、事故のないよう運転することのほうが大切ですけどね。

 

 

 

では、事故車の「相場」はあるのでしょうか?
できれば、相場価格を知って、査定してもらいたいですよね。

 

 

結論から言うと、事故車による相場は、残念ながら『ない』と考えて良いでしょう。
要するに、各査定業者によって、金額がさまざまだからです。
また、事故車でも、まったく使えないパーツばかりでは、査定どころではありません。
その点をしっかり踏まえて、買取の相談を行いましょう。

 

 

 

でも、事故車でも価値はつきます。

 

 

大きく分けると、
・修復歴
・部品の需要
・資源の需要
・海外の需要

 

 

などでしょうか。
やはり、どんなにボロボロな状態でも、使える部品があれば、
価値のある車扱いになり、買い取ってもらえます。

 

 

また、例え日本では需要がないものでも、海外では需要がある場合も多く、
輸出される場合も多いと言います。
ですから、事故車でも諦めないで買い取りを検討しましょう。

 

愛車の手入れをして、少しでも高く査定してもらいましょう。

 

 

とはいっても、お手入れの方法はさまざまです。
一体、どんなお手入れをすると、高い査定が期待できるのでしょうか?

 

 

一番大事なことは、“愛車の価値を下げない”こと。
ですから、洗車であったり、いつも愛車を綺麗に扱ってあげることが大切です。
もちろん、ボディカラーや人気車種か否か、修復歴なども関係してきます。
これらを踏まえて、高査定のポイントと愛車のお手入れの方法を紹介したいと思います。

 

 

 

1.ワックスがけをする
休日など、予定のない日は愛車を綺麗にしてあげましょう。
車は、乗っていなくてもホコリや雨で汚れが出ます。
ですから、洗車はもちろんのこと、意識して綺麗にしてあげることが大切です。

 

 

2.細かい傷も綺麗に
細かい傷程度なら、コンパウンドを使って磨いてあげましょう。
ただ大きな傷は、自己処理だと下手をすると悪化してしまう場合があるので、注意が必要です。

 

 

3.車内の掃除
ニオイやゴミなど、車内もそのままにしておくと汚れる一方です。
芳香剤もニオイが染みつくので、無香料のものがオススメ。
タバコは、なるべく車内では吸わないよう気をつけましょう。

 

 

 

他にも、ステッカーや日焼け跡などにも注意が必要です。

 

 

ユーポスは車の買取、中古車の買取の専門店で、
初めての方でも安心して買取をすることができる、
そのような環境を目指しているお店です。

 

初めて車を売る。そして新しい車を買いたいという人は、
まずは簡単な無料買取査定をしてみましょう。

 

 

特にユーポスでは年末年始に中古車が品薄状態になるそうです。
新車への乗り換えだけではなく、
中古車へ乗り換えるという需要も増えて、
もしかしたら、あなたの乗っている車種が、
高値で取引されていることがあるかもしれません。

 

特に現在買取強化がされている車は、
トヨタのハイエース、ホンダのフィット、そして日産のセレナなどで、
高い需要を得た車となっているそうです。

 

 

数多くある車買取専門店ですが、
その中でもユーポスは、在庫を置かない物流システムを取り入れています。
そのため中古車の買取相場をダイレクトに買取価格に反映させ、
年式や走行距離のみに頼らない、信頼のある査定ポイントで、
買取を行なってくれています。

 

また、日本では廃車にするしかないような車でも、
海外では人気がある場合もあり、こうした車も買い取ってもらったりできるのが、
ユーポスの強みです。

エコカー減税について

 

エコカー減税をとは、分かりやすくいうと“環境性能が優れた車”を指します。
排出されるガスと燃費の基準値が国土交通省が定めたものをクリアできており、
なおかつ自動車税や自動車重量税、自動車取得税すべてを優遇措置しているのが特徴です。
近年、このエコカー減税された車が増えており、
環境にやさしい車が公道を走るケースも増えてきました。

 

 

 

さて、エコカー減税は、国土交通省が定めた排出ガスや燃費ですが、
平成17年度の排出ガス基準は、「排出ガス基準75%低減レベル」と
「排出ガス基準50%低減レベル」の2つのランク付けがされています。
また、それぞれのランクに合わせ、エコカー減税にはステッカーが貼付されるのも特徴です。

 

 

一言でいうと、エコカー減税を購入することで、
“税金も軽減される”ということになるわけです。

 

 

 

エコカー減税には、
・ハイブリットカー
・電気自動車
・燃料電池自動車
・バイオ燃料自動車
・次世代ディーゼル車

 

 

などの種類があります。
ハイブリットカーは、ご存知の方も多いのではないでしょうか?
ハイブリッドカーとは、複数の異なる動力源とエネルギー源をもった車のことで、
「シリーズ方式」「パラレル方式」「スプリット方式」の3つの種類に分類されます。

 

 

それぞれガソリンエンジンと電動モーターを使い分け、
ガソリンを多く使用しなくても走行できるのが、ハイブリッドカーになります。

 

フロンテクーペ(スズキ)とは、
スズキが「鈴木自動車」の頃に製造販売していた軽自動車です。
「ふたりだけのクーペ」という宣伝文句で登場し、
デザインはジョルジェット・ジウジアーロによるものをベースにしています。
完成は、スズキ社内で。

 

 

全体的な特徴は、
・深く傾斜したフロントグラス
・車高は軽乗用車中最低の1200mm
・前後重量配分は39.5対60.5
・ゼロヨン加速は19.47秒

 

 

また、シートも当時としては本格的なバケットタイプになり、
助手席や運転性ともに前後スライドの調整が可能でした。

 

 

 

フロントクーペの誕生は、1971年9月。
当初は、2シーターのみの設定となっていましたが、
フロントフェンダーボンネットにFRPが使われていました。
その後、4人乗りや34ps廉価ユニットを追加するなど、
さまざまなモデルが登場していますが、1972年10月に2シーターを廃止。
1976年6月には、生産が終了しました。
翌年の10月には、軽自動車規格に合わせた後継車「セルボ」が誕生しています。

 

 

 

1991年10月、「愛車に生まれ故郷を見せてやろう」といううたい文句で、
発売20周年を祝う弁とで17台が集まりました。

 

プロナード(トヨタ)とは、トヨタが販売していた前輪駆動式乗用車です。
生産は、米国のケンタッキー工場にて行われ、輸入車になります。
2代目モデルは、ビスタ店で販売されていました。
そのため、日本市場向けの「バッジエンジニアリング」商品になります。

 

 

プロナードは、北米市場向けの大型乗用車である「アバロン」が、
2代目モデルにフルモデルチェンジするにあたり、
日本市場のための名称として誕生しました。
これにより、トヨタのラインナップの中では、
解説書に「FF最高級セダン」と表現されていました。

 

 

 

販売が開始されたのは、2000年4月。
開発時のテーマは、“上質のゆとり”になり、
コンセプトは“Brand-new Luxury & Spacious Sedan”でした。

 

 

ボディカラーは、
・ホワイトパール
・シルバー
・グリーン

 

 

の3色になり、エンジンは大型の3000ccのV6・1MZ-FE形に
FF車の特性を生かした広い居住空間になります。
大きなトランクスペースがあるのが特徴です。

 

 

 

基本的に北米市場をメインに造られた車種であるため、
座席の大きさは日本市場の一般セダン車よりも少し大きい設計になっています。
また、全体的にもクラウンやカムリよりも大きく、
3代目セルシオに近いサイズであることが特徴です。

 

プログレ(トヨタ)とは、トヨタが過去に製造販売を行っていた、セダン型の自動車です。
1998年に誕生し、2007年に幕を閉じました。

 

 

プログレは、メルセデスベンツCクラスや、BMW3シリーズに該当する、
“小さな高級車”をキャッチコピーにしていました。
そのため、2代目アリストや10代目クラウンなどのプラットフォームと共有し、
ボディサイズは1700mmで5ナンバー枠に収まるよう造られていたのが特徴です。
そのため、全長は4500mmでした。

 

 

 

その他にも、
・ホイールベースは当時のマークIIより50mm長い
・十分な居住空間
・ウォールナットの本木目パネルや革シートなどの素材を使用
・高級高性能オーディオを採用
・エンジンは直6 2500cc/3000ccの自然吸気ガソリンエンジン

 

 

などの特徴が挙げられます。
駆動方式はFRおよび4WDでした。

 

 

 

エクステリアやインテリアに、トヨタのエンブレム(CI)がついていない車種であり、
代わりに車名の頭文字である「P」をあしらったエンブレムが、
フロントグリルやトランクリッド、ホイールセンターキャップなどにつけられています。

 

プレセア(日産)とは、日産が過去に製造販売を行っていた、乗用車です。
4ドアハードトップで、1990年に初代モデルが誕生しました。
柔和なスタイリングが女性からの支持を集め、優雅な外観とは裏腹に、
車高が低いこともあり、後席居住性が犠牲になっていたといデメリットがあります。
これにより、プレセアは2000年をもって生産が終了しました。
ちなみに、2代目モデルが1995年に誕生しています。

 

 

初代モデルの特徴は、
・3種類のエンジンを搭載(1.5L・1.8L・2.0L)
・インバース形状のヘッドランプやフロントグリルのないフロントマスクとライト
・マリンブルーに発光するメーターパネル

 

 

などの特徴を持っていました。
登場2年で香港やタイ、マレーシアなどで販売が開始され、
国内仕様からの変更扱いであることから、
フロントエンブレムマークが「日産CI」に変更されました。
また、メーターも200lm/h仕様に変更されています。
中文は、「日産派羅」

 

 

 

2代目モデルは、B14型サニーをベースに開発されました。
マルチリング・ビーム式のリアサスペンションが採用されています。
1997年にマイナーチェンジされ、2000年に生産・販売が終了しました。